「みさみさ」「みさ先輩」の愛称で親しまれている、乃木坂46の衛藤美彩さん。

握手会では常に人気上位のメンバーです。
最近では、簿記の資格をいかして澤昭人さんとコラボし、ビジネス書「なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?」を発売したり、乃木坂に加入して初となる写真集を発売したりと活躍の場を広げています。

みさちゃんの性格や握手会がなぜ人気なのかなど、理由が気になるところですね。

その原点は、大きな病気を抱えていた子供の頃までさかのぼることになります。

スポンサーリンク

乃木坂46衛藤美彩の性格は?

衛藤美彩(えとうみさ)

・1993年1月4日

・大分県出身

・162㎝

・AB型

・乃木坂46 1期生
加入前 ミスマガジン2011グランプリ受賞

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

話を聞こうか。 衛藤美彩写真集/LUCKMAN【1000円以上送料無料】
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/4/25時点)

応募総数38,934名の中から合格し、乃木坂46の1期生として加入しました。
倍率1,081倍という高倍率の中から、36名が合格。

乃木坂のオーディション合格前には、ミスマガジン2011のグランプリを受賞しています。
その年でミスマガジンが終了してしまったので、最後のグランプリがみさちゃんということになりますね。

ちなみに過去のグランプリには、北乃きいさんや桜庭ななみさん、倉科カナさんといった面々。
各賞の受賞者にも、中川翔子さんや安田美沙子さんといった方々が受賞されています。

グランプリ受賞後に乃木坂のオーディションがあることを知り、挑戦してみようと思ったそうです。
そして、乃木坂のオーディションを見事合格。

ミスマガジンでグランプリを受賞し、乃木坂のオーディションにも合格するのは、簡単にできることじゃありません。
ミスマガジンの応募も15,000通の応募があったようですよ。

乃木坂では人数の関係から、メディアなどで表題曲を披露する選抜メンバーと控えのアンダーメンバーというように、新しいシングルを発売するためにグループ分けをしています。
みさちゃんは、約2年間の間7thシングル「バレッタ」までは選抜メンバーに選ばれることはありませんでした。

グランプリを受賞したり、地元大分県に住んでいるころにはローカルアイドルグループのメンバーとして活躍していたのに、一体なぜなのでしょうか?

乃木坂のプロデューサーでもある秋元康さんは、素人を一流アイドルにすることを大切にしているそうなので、その枠にハマらなかったのかもしれませんね。
また、新しく結成した色がまだないグループに、周りから勝手に色を付けられるのを避けるためだったのかも。

例えば、選抜にみさちゃんが入っていたら、間違いなくメディアの目が「ミスマガジングランプリ」のみさちゃんの方へ行っていたでしょう。
その肩書が先走ってしまい、グループの色を勝手に塗られてしまうことを予期していたのかもしれません。

事実がどうにしろ、プライベートのことでちょっとした騒ぎになってしまったことも否めませんね。

しかし、負けず嫌いな性格やスタッフさんから言われた「アンダーで出るっていうことはチャンスたんだよ」という言葉を胸に、腐らず活動してきたようです。

ファンから握手会で「君は主人公にはなれないから」とヒドイことを言われたこともあるようで…。
そんな言葉も悩まされながらも、それを着火材に変えて力にする反骨精神の持ち主です。

九州男児とはよく聞きますが、女性も負けていませんね!
その反骨精神、見習って行きたい。

意外な一面や白石麻衣との仲は?

お姉さんメンバーということも、しっかり者に見られることが多いそうですが、実はマイペースな一面も。
そんな一面もあり、人と自分を比べることは好きではないようですね。

比べたとことでそれぞれ個性が違うんだから、勝つ部分あれば負ける部分もありますし、分かり切ったことを比べても仕方ないですよね。
それよりも自分の良いところを伸ばして、悪いところを改善していく方がよほど賢い。

まいやん(白石麻衣)との仲を気にする人も多いようですね。
同い年だからでしょうか?

まいやんとは、良い空気感で過ごすことができるようで、買い物や食事をすると話しています。
2人でいるときは、将来のことを話したりするようですよ。

なんでも、みさちゃんはまいやんの出産には絶対に立ち会うんだとか(笑)
そんなエピソードを話すくらい、2人は仲が良いようですね。

スポンサーリンク

衛藤美彩の握手会の対応でファンの評判は?

乃木坂46はAKB48のように劇場を持たないので、握手会やライブがファンの人たちとの交流の場となります。
なかでも握手会は、大盛況で多くのファンが全国から足を運びます。

みさちゃんの握手会レーンは、人気も高くファンからの評判も◎
釣り師」と言われており、みさちゃんと握手をした多くの人はとりこになってしまうようです。

会話をしている流れで、ほっぺを「ツン」としたり、頭を「ポンポン」としたり、ファンの心をわしづかみ。
話しているときに中途半端に時間が来てしまうと、手を「ギュッ」と握って少し会話を聞いてくれることもあるそう。

ちょっとした気遣いですが、ファンにとっては大切な時間なので嬉しい限りですね。

母親から「人との付き合いを大切にしなさい」と教わってきたようです。
どのメンバーよりも誇りに思えるところをひとつあげなさいと言われたら、「ファンの方との絆」と答えるとインタビューで話していました。

ファン思いで、ファンを大切にしていることが分かりますね。
ファンの方が握手会のレポートを上げている内容をみても、みさちゃんが握手を楽しんでいる様子がうかがえますよ♪

衛藤美彩の子供の頃の大きな病気が今につながっている!

新規ファンの方は知らない方も多いようですが、子ども頃に大きな病気にかかっていました。
4歳のころにうまくジャンプができないということで、病院に行くと右足首に大きな腫瘍がみつかりました。

腫瘍が悪性であれば、両足切断や脳に転移した場合には余命もわずかだと知らされたそうです。

幸い良性の腫瘍と言うことでしたが、手術をしたあとは後遺症が残り、小学生2年生まで車いす生活。
しかし、そこから歩けるようになり、小学校3年生のときには運動会でリレーの選手に選ばれるまでに回復。

子供のころの経験が、今のみさちゃんの原動力になっているのかもしれません。

母親からは「生きているだけで幸せなんだから、ちっちゃいことに悩まないの」と言われて育ったそうです。
反骨精神や悩んでも負けない性格は、子供のころの体験や母親からの教えが影響していることは間違いなさそうですね。

色々な経験をしてきたから分かることや、柔軟な考え方など見習っていきたい!
ファンを大切にしているからこそ、ファンに愛される存在なのかなと感じました。

最後に

「衛藤美彩」というひとりのアイドルの魅力が、少しは伝わったでしょうか?
ひとりでも多くの人に、魅力が伝われば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事がまぁまぁ役立ちましたら、クリックにご協力お願いいたします。(__)
にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

スポンサーリンク