2016年5月25日に発売した乃木坂46の2ndアルバム「それぞれの椅子」は、初週27.5万枚を売り上げて6月6日付けオリコン週間アルバムランキングで見事に1位を獲得しましたね。

前作の2015年1月に発売した1stアルバム「透明な色」は、初週売上げ22.2万枚で週間アルバムランキング1位でした。前作に続いて2作連続のアルバム1位獲得となりました。

2ndアルバムには「きっかけ」という曲が収録されていますが、こちらの曲はあるアーティストの方がライブでカバーしたことでファンやメンバーが興奮しています。

その方は、Mr.Childrenのボーカルの桜井和寿さんです。数々の名曲を生み出してきたバンドのボーカルということで、乃木坂の曲を評価したことには大変嬉しいことでもあり驚きですね。

「きっかけ」はどんな歌?センターは誰?どんな人?乃木坂を知らない人でも分かるようにお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

乃木坂46「きっかけ」 Mステやテレ東音楽祭で披露

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

乃木坂46/それぞれの椅子(TYPE−C)(DVD付)
価格:3854円(税込、送料無料) (2017/2/3時点)

乃木坂の曲の中にはピアノ伴奏で始まり、聴き心地がいい楽曲が多くあります。乃木坂の曲の特徴でもあります。「きっかけ」もピアノ演奏から始まって、心地がいいピアノの音色から入り歌が始まります。

「きかっけ」は2ndアルバムのリード曲でもあります。リード曲とはアルバムを売り出すにあたってテレビやラジオなどで紹介するときに、このアルバムの顔として流していく曲のことをいいます。

アルバムが発売されてからは、Mステやテレ東音楽祭、日テレTHE MUSIC DAY 夏のはじまりなどでこの曲が披露されてきました。

中でもテレ東音楽祭のときには、ファンにとっては感動的な出来事が起こりました。

6月16日にグループを卒業したメンバーの深川麻衣さん。まいまいと呼ばれていた彼女は、その優しさや心の広さから「聖母」とも言われていました。

そんなまいまいが最初で最後のセンターを務めることになった15thシングル「ハルジオンが咲く頃」。この曲が最後の参加曲となり、全力で駆け抜けたまいまいは地元静岡で念願のライブを行い、晴れやかに卒業をしていきました。

卒業から3週間が経っても、まいまいのファンは心にぽっかりと穴が空いた「深川ロス」に陥(おちい)っていました。ファンの方やメンバーにとっても癒しの存在だったので、傷心していたファンは多く、Twitterでも深川ロスに関するツイートが多くあがっていました。

そんな中行われたテレ東音楽祭。乃木坂は「きっかけ」を披露することに。イントロが流れると、高い位置から彼女たちが映し出されました。

彼女たちが立っているステージは液晶が映し出される使用だったのですが、そのときに彼女たちの足元にはある花が咲いていました。その花は白く咲き誇っており、まるで彼女たちを見守っているようでした。

メンバーの足元に咲いていた花は、まいまいがセンターを務めた曲のタイトルにもある
“ハルジオン”でした。

正直なところ花の種類が本当にハルジオンかどうなのかは分かりませんが、この演出には乃木坂ファンはただただ感動しました。

特に深川ロスで傷心しているファンにとっては、考え深いステージになったことだと思います。

MVは黒板アート

2016年6月10日(金)21:00~12日(日)19:00まで46時間にわたって「乃木坂46時間TV」がインターネットで配信されました。

その中で、まいまいの卒業制作として絵のうまいメンバーを中心にメンバー全員で生放送の合間をぬって「きっかけ」を題材に黒板アートが作られました。元々MVはなかったのですが、この黒板アートがMVとして採用されることになりました。

今一歩踏み出す勇気が出ない、迷っていてどうしていいのかわからない、背中を押してほしいときなどに聴いたらそれこそ『きっかけ』になるような心に響くものがあると思います。

乃木坂46「きっかけ」ミスチル桜井も武道館でカバー

7月5日に日本武道館で行われたJUN SKY WALKER(S)(ジュン・スカイ・ウォーカーズ)のベーシストで音楽プロデューサーの寺岡呼人さんが主宰したライブイベント「寺岡呼人presents Golden Circle 第20回記念スペシャル~僕と桜井和寿のメロディー~」でカバーされました。

観客1万3千人の前で桜井さんと寺岡さん、キーボードには乃木坂メンバーと番組共演していたKさんが参加し歌唱しました。

「きっかけ」を歌うことになったのは何とライブ当日。寺岡さんに早朝にメールをして「きっかけ」を歌いたいとお願いしたことで実現しました。

音楽雑誌「LuckyRaccoon42」で最近のおすすめとして乃木坂の「きっかけ」を出しているくらい桜井さんはこの楽曲を気に入っています。

NHKの紅白で披露した「君の名は希望」をはじめ「制服のマネキン」「羽根の記憶」など乃木坂の作曲を担当した杉山勝彦さんが「きっかけ」を作曲しています。

総合プロデューサーの秋元康先生からも“天才”と称賛されるほどの才能の持ち主です。杉山さんも自身のTwitterで、桜井さんがカバーしたことに対してコメントしています。

スポンサーリンク

乃木坂46「きっかけ」のセンターは?

きかっかけはWセンターとなっていて、まいやん(白石麻衣)となぁちゃん(西野七瀬)が務めています。Wセンターは13thシングル「今、話したい誰かがいる」(2015年10月28日発売)で初めて披露されました。

乃木坂の中でも1位、2位を争う人気メンバーのWセンターとあって、ファンからも熱い声援が送られていました。

そんな2人の歌いだしで始まる「きっかけ」は、乃木坂の色が出ている魅力あふれる曲となっていますね。2人がどのような人物なのか簡単に紹介します。

乃木坂46白石麻衣とは?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

清純な大人 白石麻衣写真集 [ 白石麻衣 ]
価格:1699円(税込、送料無料) (2016/8/15時点)

1992年8月20日生まれの現在23歳です。愛称はまいやんで1期生から乃木坂を引っ張ってきて、もうじき誕生日を迎えて24歳になる乃木坂の中心メンバーのひとりです。その容姿の美しさから、メンバーの中でもひと際目立つ輝きを放っています。

「Girls Award 2012 AUTUMN/WINTER」でなぁちゃんと共にモデルデビューを果たしています。2012年「LARME」の専属モデルに起用され、翌年2013年にはには「Ray」の専属モデルに起用されました。

乃木坂メンバーのモデルという仕事の道を開拓したのは、もしかしたらまいやんかもしれません。彼女の飾らない自然さは魅力のひとつでもあります。女子が憧れるなりたい顔1位にも関わらず、謙虚で向上心があるので女性ファンも多いです。

母親からもらった大切な体なのでピアスなどで穴を開けたくない、傷を付けたくないといった彼女の思いからも性格の良さが伝わってきます。

たまに見せるお茶目な部分や、何かをフラれたら恥ずかしがりながらも全力で答える姿にはファンも元気をもらっています。

初めてセンターを務めたのは6thシングル「ガールズルール」(2013年7月3日発売)です。それまではいこまちゃん(生駒里奈)が5作連続でセンターを務めていたので、まいやんはセンターに決まり相当なプレッシャーがあったと思います。

センターを経験し一皮むけた感じも印象的でした。2014年12月にはにはメンバーで初となるソロ写真集「清純な大人」を発売するなど、全力で駆け抜けていく彼女は今でもメンバーに欠かせない存在です。

乃木坂46西野七瀬とは?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

普段着 [ 西野七瀬 ]
価格:1699円(税込、送料無料) (2016/8/15時点)

1994年5月25日生まれの現在22歳です。愛称はなぁちゃん、ななせまるです。1期生として活躍して、今では乃木坂のエースにまで成長したメンバーのひとりです。

内気な性格を変えたいという思いもあり、母親が応募した乃木坂のオーディションにやってきました。オーディションを受けていくうちに、周りに負けたくないという気持ちが芽生えてきて見事にオーディションに合格。

極度の人見知りで、収録でもうまく話すことができずに涙する場面もありました。印象に残っているのは、「のぎどこ」のシングルヒット祈願としてポケットティッシュ配りをすることになったときのこと。

他のメンバーは声を掛けてティッシュを受け取ってもらえなくても、根気よくティッシュを配っていました。

対してなぁちゃんは受け取ってもらえないことに自信が持てず、怖くなりついには泣き出してしまいました。そのときの映像を見ると、今のなぁちゃんの成長した姿がよくわかります。

8thシングル「気づいたら片想い」では4代目となるセンターを務めることになりました。そこでも口にするのは不安でネガティブな発言が多い印象でした。

しかし、やるからにはとことんやる、妥協をしたくない、メンバーに迷惑をかけるわけにはいかにといった内に秘めた強い思いから、しっかりとセンターとしての役目を果たしました。

どこか不安や自信のない様子をみることが多かったですが、センターとしての自覚や責任が彼女を大きく成長させたと思います。

8thシングルヒット祈願として訪れたマカオでは、マカオタワーからのバンジー(地上から233メートル地点)をヒット祈願として行うという内容でした。

ゲームに敗れたなぁちゃんは、バンジー飛ぶことに。いざ飛び降り地点に立つと泣きじゃくるなぁちゃん。見たことないくらい泣き叫んでいます。飛べないかな・・・

と思った瞬間「8枚目シングル、ヒットしますように!」と叫び233メートルから飛び降りました。このとき内に秘めた強さをまじまじとみた瞬間でした。

その姿をみていて気が付いたら涙が流れていました。なぁちゃんの成長していく姿は、ファンを多く引き寄せる魅力のひとつかもしれません。

ネガティブでありながらも、与えらえたことは自分が納得いくまでとことんこなしていく。言葉ではうまく表せないけど、彼女をみていると伝わってくる不思議な魅力を持っています。

2015年2月18日初のソロ写真集「普段着」を発売し、2015年4月女性ファッション誌「non・no」では専属モデルに。

毎週土曜日9:55~10:25放送のライオンのグータッチにもレギュラー出演している彼女の活躍には、今後も目が離せないですね。

最後に

「きっかけ」は乃木坂を代表する曲のひとつになると思います。テレビでもっと披露する場面が増えていったら、もっとこの曲のファンや彼女たちのファンが増えると思います。

まだまだ上り坂を駆け抜けていってほしいですね。最後までお読みいただきありがとうございました。

記事がまぁまぁ役立ちましたら、クリックにご協力お願いいたします。(__)
にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

スポンサーリンク