先日、Twitterで特典生写真が第一弾、第二弾と公開されましたね。

制服姿の橋本奈々未さんは、貴重なカットになっています。

DVDやブルーレイの特典内容も公開されているようなので、そちらも詳細をまとめてお伝えしていこうと思います。

☆記事内での呼称
・ななみん(橋本奈々未)

スポンサーリンク

乃木坂46橋本奈々未の恋する文学特典生写真公開!

先日、4枚の特典生写真が公開されました。

制服姿の2枚と、冬に寝転ぶ姿、雪の降る中歩いてるカットとそれぞれここでしか手に入らない写真となっています。

口で説明しても限界があるので、ツイートを載せておきますね。

全6タイプあるので、もう2種類あります。そちらは公式サイトにあるので、こちらから確認してください。
http://uhb.jp/program/koisurubungaku_summer/dvd/

DVDやBlu-rayでは、どのような特典があるのか詳しく見ていきましょう。

恋する文学DVD&Blu-rayの特典は?

発売日:2016年12月20日(火)
販売:Amazon、コーチャンフォー
価格:DVD 7,900円(税抜)、Blu-ray 8,900円(税抜)
特典:初回予約限定 橋本奈々未「恋する文学 冬の旅」ブロマイド

先ほど紹介した生写真は、初回予約限定となっており、Amazonで予約するかコーチャンフォーで予約するかで生写真の種類も変わってきます。

どちらも3種類用意されており、計6種類あります。

Amazon予約で3種類のうちから1枚、コーチャンフォー予約で3種類のうちから1枚が特典としてついてきます。

特典はブロマイドだけでなく、特典映像もあるようですね。

【特典映像】
①「乃木坂ブックス」完全版
出演メンバー 齋藤飛鳥、高山一実、寺田蘭世、深川麻衣(元乃木坂46)、星野みなみ
②未公開姫路の市場で橋本奈々未が魅せた「恋する海鮮丼」SP映像
③「恋する文学 冬の旅」のウラ全部語ります 橋本奈々未ノンストップ独占インタビュー
④「夏の旅」Web予告編&「夏の旅」初公開メイキング

ざっとこのような感じになっています。

恋する文学が観れていないので「乃木坂ブックス」が何なのかとても気になりますね。

卒業した深川麻衣さんの名前があるということは、卒業前に恋する文学で取り上げたものなのでしょうか?

ん~気になります。これは購入しなくては謎は解けそうにない。

他にも「恋する海鮮丼」や冬の旅での裏話といった、ファンには嬉しい特典が盛りだくさんになっていますね。

あ、Amazonとコーチャンフォーではパッケージも違うので、特典生写真なども参考にして選んでみてください。

コーチャンフォーご来店さま向けのななみんからのメッセージがありました。

こちらは恋する文学について話しているななみん。

スポンサーリンク

橋本奈々未の恋する文学冬の旅の内容は?

「橋本奈々未の恋する文学」は、北海道を題材にした1冊の本と共にその舞台を巡り旅をしていきます。

動画を見てもらうと分かるように、音楽や映像美がまるで映画をみているような感覚になりませんでしたか?

短い映像の中にも、その魅力が存分に詰まっていましたね。

集結したスタッフが映画やドラマ、ドキュメンタリーなどを手掛けているので、より作品の世界観に引き込まれていくと思います。

北海道の大自然の中にいる映像や、本を手にして読み聞かせをしていたり見どころも多くあります。

その本の主人公になり、ななみんが感じた思いを口にするとき、「橋本奈々未」がどのように考え感じたのか、声に出す言葉がひとつひとつ心に染みてくるような感じがしました。

ここでしかみることのできないななみんは、きっと色々な感情を私たちに残して考える機会をくれます。

先日、第二弾となる「橋本奈々未の恋する文学 夏の旅」が最終回を迎えました。

最終回は多くの人が魅了されたようですね。

北海道在住の方も、改めて北海道の良さを知ったりする機会にもなっているようです。

もちろん北海道にいったことがない人も、紹介された本を読み北海道に行きたいと感じる人が多くいたようですね。

本の魅力を感じることができるのはもちろんですが、橋本奈々未という一人の女性に改めて知ることができ、その魅力に引き込まれていったようです。

Twitterには大絶賛する人が大勢いました。最終回は特に“神回”だったようです。

初めて恋する文学をみたら、きっとななみんの虜(とりこ)になってしまうでしょうね。

乃木坂46の橋本奈々未として活動していく日々が、着々と少なくなってきているので残りの期間もたくさん応援していきたいです。

最後に

この「橋本奈々未の恋する文学」をみて、小説を読まなかった人も読むようになっています。

人の心を動かすのは簡単なことではないので、それができる番組というのは本当に見応えがあるでしょう。

ななみんの魅力もたくさん詰まっているので、これを機に「恋する文学」の世界や小説を手にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事がまぁまぁ役立ちましたら、クリックにご協力お願いいたします。(__)
にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

スポンサーリンク