2016年12月24日(土)、25日(日)の2日間に渡り、有明コロシアムで欅坂46初のワンマンライブが開催されました。

2日間で3公演を行い、延べ2万7000人ものファンを動員しました。

初のワンマンライブは大成功を収めました。

2日目の最終公演では、メンバーの菅井友香が涙する場面もみられました。

その涙の理由を2日間を振り返りながらお伝えしていきます。

スポンサーリンク

欅坂46有明コロシアムワンマンライブ大成功!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クイック・ジャパン vol.129 [ 欅坂46 ]
価格:1058円(税込、送料無料) (2016/12/26時点)

12月24日、25日のクリスマスイヴとクリスマスに行われた初のワンマン公演。

欅坂46初のワンマンライブは、大盛況のうちに幕を下ろしました。

2日目の最終公演はAbemaTVで独占生放送され、視聴者が160万人を超えておりAbemaTV単独ライブ配信の過去最多記録を更新しました。

欅坂46は多くのファンに支えられていることが、数字からも見てとることができますね。

デビューして8ヶ月、結成して1年4ヶ月という短い期間でこれほど多くの人を魅了する彼女たちはまだまだ多くの人を虜(とりこ)にしていくことでしょう。


24日の初日のライブでは、欅坂の冠番組「欅って、書けない?」で司会を務めている土田晃之さんも娘さんと有明コロシアムに足を運びライブを観戦したそうです。

2日目の最終公演には、ハライチの澤部佑さんも欅坂のライブをみに来ていました。

澤部さんも土田さんと共に「欅って、書けない?」の司会を務めています。

素人同然の結成当時から彼女たちを見守っているお二人の優しさを感じられますね。

さらに、総合プロデュースをしている秋元康さんの姿も会場にはあったようです。

彼女たちの姿をみて、何を感じたのでしょうか。

もしかしたら、次の楽曲のヒントを何か掴んでいるかもしれないですね。

秋元先生に欅坂初のワンマンライブの感想を聞いてみたい。755で質問したら返事が来るだろうか?ダメもとでも、質問してみよう。

スポンサーリンク

欅坂46ワンマンライブの2日間のセットリストは?

24日(土)、25日(日)のセットリストは影ナレやMCを除いては披露した曲順は同じでした。

影ナレは最後にまとめて書いていきますね。

こちらが欅坂46ワンマンライブのセットリストとなります。

有明コロシアムセットリスト

影ナレ
00. OVERTURE
01. 大人は信じてくれない (欅坂46)
02. 語るなら未来を… (欅坂46)
MC1
03. 渋谷からPARCOが消えた日 (平手友梨奈)
04. 渋谷川 (今泉佑唯、小林由依)
05. ボブディランは返さない (今泉佑唯、小林由依)
06. 青空が違う (志田愛佳、菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐)
07. 夕陽1/3 (今泉佑唯、小林由依、平手友梨奈、長濱ねる)
08. 制服と太陽 (欅坂46)
MC2
09. キミガイナイ (欅坂46)
10. 山手線 (平手友梨奈)
11. 乗り遅れたバス (今泉佑唯、小林由依、鈴本美愉、平手友梨奈、長濱ねる)
12. また会ってください (長濱ねる)
13. ひらがなけやき (けやき坂46)
14. 僕たちの戦争 (上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐)
ダンス (ジングルベル、サンタが町にやってくる、もろびとこぞりて)
15. 手を繋いで帰ろうか (欅坂46)
16. 誰よりも高く跳べ! (けやき坂46)
MC3
17. 二人セゾン (欅坂46)
18. 世界には愛しかない (欅坂46)
19. サイレントマジョリティー (欅坂46)
MC4
<アンコール>
MC5
20. W-KEYAKIZAKAの歌 (欅坂46、けやき坂46)
MC6

24日(土)影ナレ
小池美波、原田葵
25日(日)
昼 佐藤詩織、齋藤冬優花
夜 鈴本美愉、守屋茜

オープニングからダンスナンバーで始まり、キレキレのダンスを披露していました。

セットリストをみてもらうと分かると思いますが、表題曲の3曲は終盤にまとめて披露しています。

それでも常にファンが楽しむことができるライブということは、表題曲のそれぞれのカップリング曲も充実していることが分かりますね。

カップリング曲も、表題曲になっても不思議ではないくらい素晴らしいものが多いです。

だからこそその演出で楽しむことができるのでしょう。


ワンマンライブではひらがなけやきの楽曲も披露されていましたね。

ひらがなけやき坂46はまだ結成して1年も経っていませんが、1人1人のパフォーマンスもしっかりしており、ステージでとても堂々としている印象でした。

漢字欅のメンバーと共に、さらに欅坂全体を盛り上げていってほしいですね。

欅坂46菅井友香が涙しメンバーの目にも・・・

アンコールが起き、メンバーが再びステージに登場してメンバーの菅井友香が大歓声に包まれる中で話始めました。

菅井友香は、
「私たち欅坂46は大先輩の恩恵を受けて、身の丈に合ってないと言われても仕方ないような大きなステージに立たせていただいて…」と大粒の涙を流して感情をあらわにしていた。

続けて
「私たちはまだまだ未熟でステージに立つのが怖い時もあった。大きなステージに立つたびに、ファンの方が来てくださるのかなって、幕の中で心配していました。でも皆さんがペンライトを持って私たちを見守ってくださっていて、いつもすごく勇気をいただきました。今回初めての単独ライブを迎えて、裏にはこんなに多くのスタッフさんがいて、支えてくださる方がいらっしゃることを知りました。正直、私たち欅坂46はまだまだ未熟ですが、いつも笑顔をくださる皆さんに恩返しができるように頑張っていきます。出会えたメンバーにも運命を感じていて、これからもいろんなことを乗り越えて絆を深めていければなと思っています」
とファンに向かって話しかけた。

話を聞いて涙するメンバー、前をまっすぐ見つめて気持ちを引き締めているメンバーとそれぞれが色々な感情をいだいているいるようだった。

その後深々とメンバー全員で頭を下げてファンの方へ感謝を表している場面では、メンバー1人1人が本当に感謝しているんだなと感じた。

メンバーの齋藤冬優花に話が降られると、こちらもファンの声援で感極まって涙しているのが印象的だった。

齋藤冬優花は、ダンスに強いこだわりを持っているということで自分の思いを話していました。

その話を聞いていて、手のひらで顔を隠しながら涙を隠している平手友梨奈の姿が映し出され考え深いものがあった。

その後、新曲のあおりがあったのだが大事なところで菅井友香が噛んでしまっていましたね。そんな場面もありつつ、欅坂の温かい雰囲気を感じることができる一面だったのではないだろうか。

ちなみに新曲は漢字欅とひらがなけやで歌う楽曲「W-KEYAKIZAKAの歌」。

「W」はダブリューと呼んでいたと思います。

最後の歌が終わると、メンバーはとても清々しい顔をしているように感じました。

最後は、スタンド席やモニター席のファンの近くまで行き深々と頭を下げて感謝を表していた。

有明コロシアムを1周するときは常にメンバーが「ありがとう」と言葉を放ちつつ周っていたのも印象に残っている。

最後にステージ裏に戻るときにも、メンバーが会場のファンに礼をしてから去っていく姿は本当にたくさんの感謝の気持ちでいっぱいなんだなと感じました。

礼儀正しいのは欅坂の特徴でもありますが、あそこまで頭を下げてファンへ感謝をしているアイドルは初めて見たかもしれません。

AbemaTVを観ていた欅坂のファンでもない方も、きっと彼女たちの魅力に引き込まれていったライブになったことでしょう。

最後に

初のワンマンライブを終えて、彼女たちは今何を思っているのだろうか。

ブログ更新なども気になるとことだが、まずはお疲れさまでしたと伝えたいですね。

2016年が終わる最後のときまで、欅坂46を応援していきましょう。

もちろん、2017年も全力で応援していきますよ!最後までお読みいただきありがとうございました。

記事がまぁまぁ役立ちましたら、クリックにご協力お願いいたします。(__)
にほんブログ村 芸能ブログ 欅坂46へ
にほんブログ村

スポンサーリンク