毎年夏になると放送されている「ほんとうにあった怖い話」に乃木坂メンバーが出演すると発表がありましたね。誰もが知っている番組に出ているのを見れるというのはとても嬉しいです。

その「ほん怖」と「お台場みんなの夢大陸2016」のコラボ企画にも乃木坂メンバーが出演しています。こちらもどのような感じになっているのか気になります。

出演メンバーもそれぞれ違うみたいなので、その辺りの情報を踏まえてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

本当にあった怖い話2016に乃木坂46メンバー出演!

今月20日に放送されるフジテレビ系「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」に乃木坂メンバーが出演します。メンバー全員で出演してほしいくらいですが、今回はメンバーから5人が選出されました。

出演メンバーは生田絵梨花さん、生駒里奈さん、齋藤飛鳥さん、白石麻衣さん、西野七瀬さんです。乃木坂の顔として引っ張っているメンバーが揃っている感じですね。

物語はいこまちゃん(生駒里奈)演じる上崎亜矢奈が、骨折をして入院しているということで、仲良し4人が病院へお見舞いに行きそこで恐怖体験をしてしまうという内容です。

病院が舞台ということで、それだけで何か恐怖を感じてしまいますね。放送時間は10分くらいらしく少し短いですが、その中でも彼女たちの魅力が観ている方に伝わるといいですね。

どのような恐怖体験をするのか、どのような表情を見せてくれるのかとファンも待ち遠しいと思います。今年の「ほん怖」は録画必須ですね。

フジテレビ系「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」
・放送日:2016年8月20日(土) 21:00~23:24
・出演:生田絵梨花、生駒里奈、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬

お台場みんなの夢大陸で乃木坂46が本当にあった怖い話とコラボ

8月1日(月)よりお台場フジテレビで行われている「お台場みんなの夢大陸2016」にて、乃木坂46、ほん怖、PlayStation VR(以下、PSVR)がコラボした「乃木坂46 VRホラーハウス」を開催しています。

PSVRは、シュノーケルで使うゴーグルのような専用器具を装着することで360℃のVR(バーチャルリアリティー)を体験することができます。

Twitterにすでに体験されている方のツイートがありました。このような感じで装着して体験するんですね。

VRの世界に乃木坂のメンバーがいて、一緒に体感しているような感覚が味わえるということですね。メンバーが今にも自分に飛びついてきそうな体験ができるんだとか。

出演するメンバーは、生駒里奈さん、齋藤飛鳥さん、桜井玲香さん、高山一実さん、西野七瀬さんです。いこまちゃんとなぁちゃん(西野七瀬)は、20日放送のほん怖とこちらのホラーハウスにも出演しています。

いこまちゃんはインカム、懐中電灯、小型カメラ装着。あしゅ(齋藤飛鳥)とキャプテン(桜井玲香)はビデオカメラ、かずみん(高山一実)となぁちゃんは懐中電灯を持っており、本当のロケでもありそうな場面ですね。

企画は秋元康先生ということで、どのような体験ができるのか期待が高まります。

このVR体験をするのには参加整理券が必要になります。参加整理券の配布は当日の午前10時より配布です。オープンが午前9時のときは9時より配布されます。場所はフジテレビ1Fシアターモール高速側ローソン付近となります。

予定数に達したら終了となるようなので、参加券をゲット出来るように早めに並びに行った方がよさそうです。話題性もあり人気のアトラクションになりそうですね。

スポンサーリンク
ほん怖プレゼンツ「乃木坂46 VRホラーハウス」(お台場みんなの夢大陸2016)
・日程:2016年8月1日(月)~8月31日(水)
・時間:10:00~18:00(6日,7日,11~15日,20日,21日は午前9時オープン)
・場所:東京都港区台場2-4-8 フジテレビ本社屋1Fマルチシアター

乃木坂46の生駒里奈とは?

いこまちゃんは、乃木坂の顔として多方面で活躍していますね。最近ではバラエティーや舞台に映画と活躍の場を広げています。ほん怖とVRホラーハウスに出演している、いこまちゃんにスポットを当ててみましょう。

1995年12月29日生まれの20歳。秋田県出身で体型は小柄ですが、いつもエネルギッシュに活動しています。2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格。

1thシングルから5thシングルまでセンターを務め、結成当時から乃木坂の顔としてグループを引っ張て来た1人です。デビューシングルからセンターという場所で、色々な不安や重圧と戦ってきた彼女の精神力は本当にすごいと思います。

6thシングルではセンターという重圧から解放できたことで、気持ち的に余裕を持つことができたと語っています。乃木坂46が主演のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」では、会場で6thシングルの選抜発表がされたときの映像があります。

選抜メンバーがお辞儀をし終わった後の、いこまちゃんが倒れ込む姿に相当な重圧だったんだなと感じることができます。その後に流れる無邪気に走り回る姿は、とてもすがすがしい印象でした。

気持ちに余裕が持つことができて、与えられた場所で輝くことを大切にすると語っています。12thシングルでは再びセンターになり、乃木坂を引っ張て行く存在として成長した姿を見せてくれました。

個人の仕事も増えてきていますが、乃木坂に対する思いは人一倍強いものを持っていると思います。乃木坂には欠かせないメンバーのひとりです。

最後に

ときには言葉足らずで誤解を招いてしまうことがありますが、それもまた、いこまちゃんらしさなのかなと思います。乃木坂の人気が出るにつれて色々な声が飛び交いますが、彼女たちにはぶれずに自分らしく頑張ってほしいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク